スマートex えきねっと 違い。 Suicaだけで新幹線に乗れる「スマートEX」、便利ですが注意点がいくつかありました

「モバイルSuica特急券」が「えきねっと」に統合。新幹線ネット予約はどう変わる?

🤝 エクスプレス予約は有料会員制で年会費がかかります。 ただ、複数予約の場合や、エクスプレス予約でEX専用ICカードを使用の場合は、乗車方法が異なります。

JR東日本の新サービス「新幹線eチケット」とは?えきねっと・エクスプレス予約・スマートEXとの違いを超特急で解説!【買い方・乗り方】

👀 JR東海のエクスプレス予約は直前まで(正確には確かPCなら1時間前まで、 携帯電話なら乗車直前まで)何回でも変更ができる。 会員登録は無料で、自分が持っているクレジットカードで簡単に登録できます。

14

東海道新幹線の指定席券予約するならえきねっと?スマートEX?駅の券売機?

😒 一方、切符を発券する場合は JR西日本もしくはJR東海の指定席券売機で「EX」とロゴが付いている券売機で切符を発券することが可能です。 コスト重視ならエクスプレス予約 東京-博多間の新幹線利用を利用するとして、価格(料金)を重視するのであればエクスプレス予約の方が安くなります。

20

お盆の新幹線予約。えきねっと、スマートEXの違いを比較

😂 (まったくない、というわけではないのです) スマートEXを使った新幹線の乗車方法 スマートEXでも新幹線の予約はスマホやパソコンから行います。

12

お盆の新幹線予約。えきねっと、スマートEXの違いを比較

✍ e5489で新幹線を予約した場合は、駅に切符を受け取りに行く必要があります。

16

新幹線ネット予約サービス6種類はそれぞれどう違う?何がオススメ?

🖖 そういった状況下で「北へ向かう新幹線」が、東海道・山陽新幹線と同様に交通系ICカードを使うことによってチケットレス化を推進したいという考えになるのは当然のことだろう。 ちなみに、コンセントは窓際席にあります。 新幹線のネット予約サービスの違いまとめ サービス名 予約できる新幹線 備考 えきねっと(JR東日本) 全ての新幹線 年会費なし・割引あり エクスプレス予約(JR東海) 東海道新幹線、山陽新幹線 年会費あり・割引あり スマートEX(JR東海) 東海道新幹線、山陽新幹線 年会費なし・割引なし e5489(JR西日本) 東海道新幹線、山陽新幹線、九州新幹線、北陸新幹線 有料会員になると購入できる割引切符が増える JR九州ネット予約サービス 山陽新幹線、九州新幹線、東海道新幹線 年会費なし・割引あり JRサイバーステーション 全ての新幹線 かなりクセモノ・割引なし もう一度、おさらいとして最初の表をのせておきます。

12