土井 きり 小説。 TINAMI

危険なバイトにご注意の段

♥ それによって野次馬たちもちらばる。

TINAMI

⚐ すべてを聞き終わると、 「じゃあ、お前は最初からこのバイトをやる気だったんだな?」 怒り心頭に達した土井先生は立ち上がって、部屋を出て行った。 先生!ごめん、もうしない。

14

TINAMI

❤ 」 きり丸「嘘だぁ!!!!!」ジタバタ 兵太夫「ちょっとそこのバカップルうざーい」 きり丸「バカップルじゃねぇよ!!!」 半助「そうだぞ兵太夫。

1

小説

📱 「Heartful Days」 瀬奈みらくさん• 「きり丸!」 !? 「きり丸!!」 人ごみから必死に自分を呼ぶ、聞き覚えのある声が近づいてくる。 年齢操作できりトモ。

TINAMI

⌛ そう思った。 周りの子どもと比べれば少しばかり元服が遅かったし、体格もそこまで恵まれなかった。 あのきり丸が唯一甘えられる相手が土井先生になるのは、ごく自然な流れだと思っては居た。

16

落乱小説

⚑ 土井半助は陰陽寮で働く陰陽師と言うものである。 まさかまさかの二部構成。

12

小説

🤜 眉間に皺を寄せていたのでわからないことを悟ったのか土井先生が恥ずかしいそうに申し訳なさそうに。

落乱小説

☭ そのまま、バツが悪そうに目を伏せて黙り込む。

20